【社会】MDMA製造が「卒業実習」 松山大教授を書類送検

免許がないのに合成麻薬MDMAを学生に作らせたなどとして、四国厚生支局麻薬取締部は16日、松山大薬学部の岩村樹憲(たつのり)教授(61)=松山市=を麻薬取締法違反(製造、所持)の疑いで書類送検した。捜査関係者によると、「勉強のためにやらせた」と話しているという。

捜査関係者によると送検容疑は、「麻薬研究者」の免許がないのに、2013年4~7月ごろに研究室でMDMAなどを学生に作らせた▽18年1~2月ごろに麻薬5F―QUPICを作らせ、研究室で約0・3グラムを所持したというもの。

麻薬研究者の免許は、都道府県知事が学術研究の目的で麻薬を扱う人に交付する。岩村教授は危険ドラッグなどを研究しており、過去に他県で免許を持っていたことはあったが、愛媛県では申請していなかったという。麻薬取締部は、製造に関わった学生ら数人も同容疑で書類送検した。

松山大によると、岩村教授は07年に着任。「卒業実習」などで麻薬製造を指導した。今年1月に麻薬取締部からの連絡を受け、大学が教授に事情を聴いたところ、違法と認識していたとの説明を受けたという。
松山大の溝上達也学長は記者会見し、「研究者倫理を順守し、それを指導する立場の教育職員が必要な免許の申請を怠ったことは極めて遺憾。心よりおわび申し上げる」と述べた。

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM4J546RM4JPLXB004.html