3歳児がトイレ間に合わず駐車場で小便 母親に召喚状 米

(CNN) 米ジョージア州オーガスタで妊娠中の母親に連れられて給油所のトイレへ向かっていた息子の3歳男児が我慢出来ず駐車場で小便し、これを目撃した保安官が公共の秩序を乱した疑いで母親に裁判所への召喚状を出す一幕があった。

罪が確定した場合、母親は最長で禁錮60日間と罰金5000ドル(約56万円)が科される可能性がある。

母親は今月30日に召喚状の正当性を争うため出廷する考えだが、この日は出産予定日の数日前となっている。

地元のCNN系列局「WRDW」によると、母親のブルック・ジョンズさんは先月29日、オーガスタで車を運転中、息子が尿意を催してトイレに早く行きたがったためガソリンスタンドの駐車場に停車。

ただ、妊娠34週間の身で息子を抱えてトイレへ早急に連れて行けないこともあり、息子の体を出来るだけ隠すようにして駐車場内で放尿させていた。息子は直前に「出そうだ!」とも訴え、駐車場内ではズボンなどを十分に脱がす前に放尿したという。

この模様を同州リッチモンド郡の保安官補が目撃し、召喚状をジョンズさんに出していた。WRDWが入手した召喚状のコピーによると、保安官補は「母親は駐車場内での放尿を子どもに許した」とし、「男児の性器や小便も目撃した」と指摘。「現場には公共トイレがあった」とも続けていた。

ジョンズさんは保安官補はトイレに連れて行けと言っているが、「私がトイレに駆け込んだとしても誰かが使っていたとしたらどうなのか?」と反発。その後、息子にどうせよと言うのかと質し、「給油所の床上で放尿?」とも反論した。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35135712.html